肌のキメ(肌理)とは?

よく肌のキメが細かいと肌がキレイに見える・・・ということを聞きますが、このキメ(肌理)とはいったいなんでしょうか?

肌の表面をよく見ると細かい溝が走っていますね。さらにこの溝が三角形や四角形を作っています。この溝が、皮溝(ひこう)、三角形などの模様部分が皮丘(ひきゅう)と呼ばれる部分です。そしてこの模様がくっきりとして規則正しく並んでいること、さらに皮丘のひとつひとつが小さいことが、キメが整っている状態です。

肌のキメ

また、皮溝が深くて細かくはっきりしているのが、キメが細かい肌といわれる状態で、肌表面がなめらかになるのが特徴です。つるつるした質感と、透明感のある肌にみえるのは、このキメが整っていて細かいからなんです。

反対にキメが乱れると、皮溝が浅く広くなって、形も不ぞろいになってきます。そしてキメが粗くなると、皮溝と皮溝の間の毛穴も目立って、皮丘の弾力もなくなってくるので、肌の表面も凹凸が目立ちざらざらとした肌になってしまうのです。

このようにキメとは、肌表面に走る溝である【皮溝】と、その溝によって囲まれて盛り上がっている部分【皮丘】によって生じた肌表面の凹凸のことをさしているのです。

そして肌のキメを整えるためには、外側から化粧品でケアすることだけでなく、体の内側からの再生リズムを整えることが第一。美しい素肌、キレイな美肌になるためには、肌の代謝をアップさせることが大切なんです。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.