美肌をつくるために夜の睡眠が重要なわけ

美肌をつくるために夜の睡眠が重要なわけ起きて活動している日中は、血液のほとんどが脳に集中しています。そして、夜寝ている間に、体全体に血液が流れて、体全体が修復されるというサイクルが繰り返されます。当然、この夜の睡眠中に肌にも栄養がいきわたるようになるわけです。

よく午後10時~午前2時のことを《シンデレラタイム》といわれますが、この時間帯に《女性ホルモン》の働きが活発になり、肌の修復、活性が最も促されるからです。さらに、眠り始めてから3時間のうちに、《成長ホルモン》が活発に分泌されるといわれています。この成長ホルモンによって、肌の細胞分裂がおこり、修復、再生が行われるので、睡眠不足が続くと、肌の不調、肌荒れが起こってしまうのです。この修復には最低でも6時間くらいはかかっているといわれるので、睡眠時間も6時間以上は必要。

さらに、《体内時計》(サーカディアンリズム)を整えるためにも、毎日決まった時間にベッドに入る習慣をつけることも大切です。成長ホルモンは、体内時計の影響を多大に受けるから。いくら睡眠時間が同じでも寝る時間が一定しないと、成長ホルモンもスムーズに分泌されなくなってしまうんです。

とはいっても、現代人にとって毎日10時に就寝するというのは難しいこと。なので、午前0時半までにベッドへ、毎日同じ時間に寝ることを目標にしてみては?肌の調子がよくなるだけでなく、体全体の調子もよくなるはずです。

質のよい睡眠を得るためのポイント

20時以降はカフェイン摂取を控える⇒カフェインは脳を刺激し、覚醒させるから
軽い運動で心と体をリラックスさせる⇒体温を少しだけ上げた後、下がりだした頃に眠気がくる
難しい本を読む⇒人間の脳は難しい物事に接すると休む方向に働くため
アロマオイルでリラックス⇒ラベンダー、カモミール、マンダリンなどが眠気を促進
就寝1時間前から照明を落とす⇒メラトニン(眠りを促す)は目に入る光の量が減ると分泌量が増える
ゆったりした就寝着で寝る⇒体を締め付けるインナーは眠りを妨げる
枕の高さを7cm前後に⇒仰向けに寝たときに立っているときと同じ首のカーブにするとよい

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.