女性ホルモンは美肌の強い味方!

女性ホルモンが一生涯に分泌する量は、わずかティースプーン1杯ほどといわれています。こんなわずかな量で女性の体に大きな影響を及ぼすのが女性ホルモンなんです。そして女性ホルモンには、大きく分けて2種類あります。

女性ホルモンは美肌の強い味方!ひとつは、黄体ホルモン【プロゲステロン】。黄体ホルモンは、卵胞ホルモンとともに、卵巣から排卵を機に周期的に分泌され、脂肪組織を増やしていきます。また、子宮内膜の成熟を促したり、子宮筋肉の緊張を和らげたりするなど妊娠に深く関わるホルモンです。黄体ホルモンはまた、皮脂分泌を増やして、にきびやシミをできやすくさせるといわれています。生理前のむくみやイライラなどの体の不調もこのホルモンの影響なんです。生理前の肌は普段よりも敏感になる傾向にあるので、美白やアンチエイジングなどのお手入れは控えることです。でもシミができやすいので、UVケアはしっかりと。ニキビができる人は、洗顔などをこまめにして、油分の少ない化粧品で保湿を心がけることが大事。

もう ひとつは、卵巣から分泌される卵胞ホルモン【エストロゲン】。この卵胞ホルモン【エストロゲン】は、女性らしい体をつくる働きをします。たとえば、すべすべしたなめらかな肌や美しい髪を保ったり、骨粗しょう症や更年期障害を防止、皮下脂肪を増やして、バストやヒップを豊かにして女性らしい丸みを帯びた体をつくる役割をします。美肌になるためのカギは、この女性ホルモンのうちの【エストロゲン】のほうなんです。

エストロゲンは毎月、排卵の準備をすることで生理の終わりごろから排卵までの約2週間分泌が高まります。そして、この時期はエストロゲンの影響で、心も体も軽快で肌の調子も良好になります。なぜなら、エストロゲンはコラーゲンの生成に関わっていて、肌をみずみずしくなめらかにするホルモンでもあるからです。このエストロゲンの分泌が高まる生理後の肌は、とても安定しているので、美白やアンチエイジングなどのお手入れを積極的に行えば、効果もアップ。新しい化粧品を試すのにも最適です。

このように、若々しい美肌をつくるには、女性ホルモン【エストロゲン】が活発に分泌されることがとても重要。 だけど、女性の体はとてもデリケート。不規則な生活や過度のストレス、無理なダイエットなどで、ホルモンバランスは崩れてしまいがちです。また、エストロゲンは30代後半ごろから減り始め、閉経を迎える頃には激減してしまうのです。だから余計に健康的な生活を送ることが、分泌量を守るためには大事なんです。日頃からホルモンバランスを整えて、体の中からキレイになる基礎をつくることが重要なんです。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.