正しいスキンケア方法-クレンジング

クレンジングは、油性のメイクアップを落とすために必要です。クレンジング料は、油分と界面活性剤が主な原料。肌から油性のメイクアップ料を浮き上がらせるための油分、そして洗い流すため、水と油分をなじませる界面活性剤が配合されています。

これらの成分の配合量がかわることで、オイルタイプ、クリームタイプ、ジェルタイプ、ミルクタイプなどの形状ができるのです。そしてクレンジングの形状によって、刺激の強さ、落ち具合などもかわってくるので、メイクの濃さによって使い分けることが大切です。

クレンジング料の種類と特徴

シートタイプ 油分でメイクを浮き上がらせるのではなく、界面活性剤だけで落とすという点で肌への刺激が大。
拭くときにも、肌を傷つけてしまいがちでダメージが大きい。
オイルタイプ 簡単にメイク落としができるのは、界面活性剤を多く含むから。
だから肌へのダメージは大。
なるべくポイントメイク、濃いメイクのときにだけ使用して。
ジェルタイプ 透明のジェルタイプは、乳化していないので界面活性剤が多く含まれていることも。だから肌へのダメージも大きい。
クリームのような乳白色のものはOK
クリームタイプ 一般的には、油分がメイクを浮き上がらせてメイク落としができるので、肌への負担も軽く、一番のおススメ。
ミルクタイプ 肌への負担は一番軽いが、水分が多いのでメイクを落とす力も弱い。
薄めのメイクの場合に使用するように。
Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.