クレンジングの正しい方法

どんなに気を使っても、肌に負担をかけるのがメイク落とし。
だからこそ、正しい方法で肌をいたわりながら行いましょう。

クレンジング料は肌に負担がかかるので、なるべく短時間で終わらせること。
熱すぎるお湯は肌の乾燥を招き、冷たすぎる水は油が固まるので汚れが落ちません。

クレンジングの正しい方法

1. まず清潔な手のひらに、適量のクレンジング料の半分をとります。
使用量は説明書などを見て。
2. はじめはTゾーンにのせていきます。額から鼻にかけて肌の比較的強い部分。
指の腹を使って、皮膚についているメイクと軽くなじませていきます。
3. 次に、残りのクレンジング料を手のひらにとって、頬などのUゾーンにのばしていきます。
このときもやさしく、かるくメイクとなじませます。
4. 最後は口元や目元などの皮膚の弱い部分にクレンジング料をのばしていきます。
特にやさしく、ていねいになじませること。
5. 肌にクレンジングがなじんだら、ぬるま湯で手早く洗い流します。
ここで完全にべたつきをとる必要はなし。この後洗顔料を使って洗顔すればOKだから。


●ポイントメイクの落とし方

マスカラや口紅などの落ちにくいメイク(ロングらスティングなど)は、ポイントメイク用のリムーバーを使いましょう。薬局・ドラッグストアで売っている精製オリーブオイルでもOK(食用ではないもの)。界面活性剤フリーなので、肌に優しく、敏感肌でも使えます。

メイク落としのときは、口元や目元は皮膚が弱いので、強くこすらずやさしくがポイント。
そしてポイントメイクは顔全体のクレンジング前に落としておくことです。

1. コットンに専用リムーバーをしみこませて、両目、口元にのせてそのまま約1分。メイク料を浮かせます。
2. そのあと、コットンをゆっくり動かして、メイクをぬぐいます。強くこすらないこと。
メイク料が少し残っていても、気にせずクレンジングへ。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.