正しいスキンケアの方法-洗顔

顔の肌は常に外気にさらされていて、排気やほこり、空気の汚れなどが直接ついてしまいます。これに加えて、汗や皮脂、古い角質、メイク汚れなどもあって、放置しておくとこれらに雑菌がついて繁殖したり、皮脂が酸化して過酸化脂質がつくられたりと、肌を刺激する原因物質を作り出してしまうことにも。

クレンジング料は主に油性のメイクアップ料を落とすためのもので、洗顔料は主に水性の汚れを落とすためのもの。だからメイクをした日は両方必要なわけなんです。

洗顔料の選び方は?
肌にうるおいを残すタイプの洗顔料など、洗浄する以外にも効能があるタイプもたくさん出回っています。でも基本的に、洗顔料は洗い流してしまうものなので、保湿や美白などの成分が入っていてもあまり意味がありません。またしっとりさせるタイプの洗顔料には、油分を残して、肌に油膜をつくるので、それが後に使う化粧品の浸透を妨げたりすることも。だから洗顔料はシンプルに洗浄できるタイプがいちばん。自分の使いやすいタイプのもの、なるべくシンプルな洗顔料を選ぶことがポイント。

洗顔料の種類と特徴

固形石鹸 余分な油分をあまり含まないシンプルな固形石鹸は、しっかりと汚れを落として、肌に余分なものを残さない。
だから後から使う化粧品の成分も浸透しやすくなるので、いちばんおススメ。
洗顔フォーム(クリーム・リキッド) メーカーによって肌への負担はいろいろ。
しっとりタイプは30~40%油分を含むので、肌に油膜が残ることに。
パウダータイプ 洗浄力、肌への負担はメーカーによってさまざま。
泡タイプ 便利な泡タイプだが、強い界面活性剤を配合しているものもある。
泡の固いものは発泡剤配合のものも。
泡立たないタイプ 洗浄力が弱く、汚れ落ちも悪い。かなりの肌あれでない限り使うのはひかえて。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.