洗顔の正しい方法

クレンジングの次に肌に負担をかけやすいのが洗顔。たっぷり泡立てた泡で、肌をごしごしこすらずに泡でやさしく洗い上げるのが美肌になるポイント。クレンジングと同様、短時間で終わらせること。生え際やあごの下などの泡の洗い残しにも注意。お湯の温度も一定に保つことが肝心。仕上げの冷水も赤ら顔の原因になるからです。

正しい洗顔方法

1. まずは手を洗って清潔にします。
その後ぬるま湯で顔をぬらします。
2. 次に手のひらに洗顔料を適量とって、水を加えながら泡立てていきます。
空気を含ませながらふわふわに。
3. 洗顔料を泡立てたら、まずは皮脂の多いTゾーンからのせていきます。
くるくると円を描くように軽く汚れとなじませて。
4. 今度は、頬やあごのUゾーンにも泡をのせていきます。
軽く汚れとなじませたら、最後に口元や目元などの肌の弱いところにも泡をのせて、汚れとなじませます。
5. 最後に人肌程度のぬるま湯でていねいに洗い流します。
髪の生え際や、あごの下などに泡が残らないように、十分にすすぎましょう。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.