正しいスキンケア方法-化粧水

化粧水の大半は水でできています。そして水の中に保湿成分はあまり配合できないので、化粧水だけで保湿をしようとしてもそれは不可能なこと。

また化粧水の働きは、肌に清涼感を与えて、みずみずしく整えること。したがって自分の肌にとって必要な美肌効果のあるものを選ぶことがベストです。たとえば水溶性の美肌成分を配合したものが化粧水としては最適。

● 主な水溶性の美肌成分

ビタミンC誘導体 抗酸化、美白、毛穴の引き締めなどの効果があり、にきび、シミ、しわなどの肌の悩みを解決してくれる成分。クリームより水に配合したほうが安定性が高まる。リン酸パルミチン酸型(APPS)が最も効果が高い。
抗酸化成分 水溶性の抗酸化成分として、オウゴンエキス、リコピン、グレープシードエキスなどの植物エキス。
保湿エキス アミノ酸(天然保湿因子)、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分。
ただし、ヒアルロン酸、コラーゲンを高濃度に配合してあるものは美容液になる。

化粧水のつけ方

1. 手のひらに化粧水を適量とって、顔全体になじませます。
いくら重ね付けしても、角層の2~3層までしか浸透しないので、たっぷりつける必要はなし。
2. 次に、目の周り、フェイスラインにも手のひらを使って軽く押さえるようになじませます。
あまり手でパンパンとはたいて刺激をあたえると赤ら顔やシミの原因になるので要注意。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.