正しいスキンケア方法-乳液・クリーム

乳液とクリームの違いとは?

それは水分と油分のバランスの違い。油分が多くこってりとしているのがクリーム。水分が多くさらっとしているのが乳液。

乾燥しやすい目元や口元にポイントとして使うなら、油分補給効果の高いクリームを使ったほうがベター。適度な油分を補給することで、肌をやわらかく、なめらかに保ってくれます。


乳液のつけ方

強くこすったり、すり込む必要はなし。肌を摩擦する行為は角層を傷つけます。

1. 手のひらに乳液を適量とり、両手のひらにのばしたあと、頬から広げてなじませていきます。
こすらず、やさしく。
2. 目の周り、口元などにもていねいに伸ばして。


クリームのつけ方

皮脂分泌の少ない部分に油分を補うつもりで塗りましょう。角層を傷つけないように、こすらずやさしくが基本。

1. クリームを適量、薬指にとって、皮脂分泌の少ないところ、目の下や口の周りにやさしくなじませていきます。
ほかにも気になるところがあれば油分を補給。
2. 皮脂腺の少ない部分につけるため、薬指でトントンとやさしくたたいてなじませます。
Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.